満室の窓口

満室の窓口とはAbout

空室に困ったオーナーの相談窓口としてトップブランドを確立し、
全国No.1満室ネットワークを目指します。

相談しづらい…
相談しやすい!

満室の窓口の想い

衰退した町並み

全国的な空室率の増加、賃貸住宅の過剰供給、空き家問題など、不動産市況はさまざまな問題にさらされています。賃貸物件のオーナーにとっては、死活問題であるにもかかわらず、建てた当初から資金計画を見直していなかったり、長期空室が放置されていたりと、管理会社とのコミュニケーション不足による空室率の悪化に悩まれている方が数多くいらっしゃいます。この空室を的確に、より効率的に満室にするにはどうすれば良いか?

まんしつじ

そこで私たちが目を付けたのは、AI(人工知能)でした。人の経験や記憶だけが頼りでは、空室提案の抜けや、的確な提案が行なえない場合があります。AIがそれを補うことで、より良いタイミングで、より的確な空室提案を行なうことができると考えました。全国の不動産会社から同士を集め、FC事業を展開することで、空室改善の成功事例を蓄積し、共有し合い、さらに良い提案を行なっていける。人口が減り続ける中、今なお建物は増え、空室も増えていくという負のスパイラルを断ち切るべく「満室の窓口」は誕生しました。

資格証明書と資格証明バッジ

満室の窓口では、賃貸物件の空室を埋めるだけではなく、より良い資金計画を組み、出口をしっかり見据えた経営をしていただくことを目的としています。そのため、まずは不動産会社である私たちが知識をつけられるよう、「満室の窓口資格制度」を加盟店舗様のスタッフ向けに展開します。さらに、オーナーにも勉強会を行ない、同様に資格取得をしていただけるようなカリキュラムもご用意しております。不動産会社だけでなく、オーナーにも高水準の知識を付けていただくことで、さらに質の高い不動産経営ができると考えます。

オーナーの夫婦

AIをはじめとしたテクノロジーと、多彩なツール、スタッフ教育を通し一人でも多くのオーナーに安心できる満室経営を届けたい。それが、私たちの想いです。

まんしつじ